8.22.2016

リオオリンピック終了&錦織選手おめでとう!

ブラジルのリオオリンピックが閉会式を迎えました。オリンピアンの皆様、スタッフ、サポーターの皆様、素晴らしいパフォーマンス、感動、最高でした!そして何と言っても錦織選手のメダルゲットは、もう何て言っていいのやら。

スポーツは、素晴らしい!! と改めて実感したと同時に、アスリート魂/精神力は凄いなと思いました。 僕の所属先でもあるアジアパートナーシップファンドグループは、この力を信じて、ビジネスに活かしている会社です。僕もアスリートとして、テニス選手として、もっと自分の能力と身体に投資し、日々修練していきたいと思います。

ところで、皆さんはアンダーアーマーなどを扱っている株式会社ドームという会社をご存知でしょうか?この会社は、今回のオリンピックでも大活躍のアメリカのスポーツ産業を研究しながら、日本のスポーツ産業の見直しや新しい戦略に取り組んでいます。 人口やGDPなどの違いもありますが、アメリカと日本のスポーツ産業の規模は約15倍違います。アメリカ約60兆円、日本約4兆円。しかもアメリカは毎年伸びているの対して、日本は下降気味(ドーム資料:1995ー2013)*因みにアメリカの自動車産業は約50兆円(2010年)。 日本でのスポーツは、『健康』、『教育』などの意識は高いですが、『経済』についての部分、スポーツとお金の関わりはまだまだアマチュアな感じがします。

スポーツはもっともっと大きなビジネスになるポテンシャルを持っていると思います。日本の素晴らしい体育道徳を残すことも大事です。そして日本のスポーツ産業全体がもっと魅力的なものになっていけば、スポーツに関わる全ての人が更に豊かになると思います。 2020年東京オリンピックを契機に、日本でもスポーツ産業が大きく伸びていく事を強く願います。

 写真は、中国での大会ウエルカムパーティーの時のものです。『パンダのぬいぐるみが欲しければ、マイクで一言!』という中、僕だけがなぜか「歌え!」の無茶振り(笑)オリンピック中という事もあり、少しだけ国歌(君が代)を披露。

6.19.2016

お久しぶりです(⌒▽⌒)


いつもブログやFBを通して応援の念、コメントありがとうございます。久しぶりのブログ更新です!


今月は、グアムフューチャーズ優勝、軽井沢フューチャーズベスト4,ウズベキスタンチャレンジャー準優勝という結果でした。毎週違うパートナーとの参戦ですが、彼らの強味を信じ、そして自分自身に厳しくいく事が大事かなと感じています。


ここ数ヶ月は、身体に結構な負担をかけてプレーしていたと思います。ダブルスは、シングルス以上に試合数をこなす事が大事になってきます。多少無理してでも、遠征を周りながら、そして治療/強化しながら、勝負していきたいと思います。


ダブルスのルールはエンターテイメント性/ギャンブル性が非常に高かったり、シングルスより早くポイントが決まったり、他にも魅力は沢山あります。日本を筆頭にダブルス愛好家は世界中に沢山います。特に日本では、一般のレッスン、大会、趣味などには,シングルスではなく、殆どダブルスをプレーしています。しかし、プロの世界になると、賞金が少なかったり(賞金総額分配率 約80%シングルス 約20%ダブルス) 、ヨーロッパの一部では、ダブルスは、シングルスのおまけ(笑)みたいな時があります。


現役選手をやらせてもらっている以上は、もちろん実力アップ&ランキングアップが目標です。そして更にオフコートでは、「やるダブルス」を少しでも「観るダブルス」に向いてもらえるような活動にも力を入れていこうと思います。皆様のご協力が必要になってきます。今後ともそちらの方も応援よろしくお願いします!!


熊本頑張れー!!  頑張れー!としか言えない所が辛いですが…   どうかこれ以上悪化しない事を願います。


ウズベキスタンで3万円両替するこんな感じです。通貨名称スム


ウズベキスタン 表彰式にて 岩井コーチと。

4.23.2016

いつも応援有難うございます


 
いつも、ブログやFBで応援してくださっている皆さんありがとうございます。
今月はアジアでチャレンジャーシリーズに参戦しています。
 
先月は、悲鳴!?をあげるくらいの怪我を2箇所。そして、その後遺症や
昨年痛めた肘の古傷など、良く言われる『身体がボロボロになるまで』を
しみじみ感じています。 
 
しかし、心は折れてないし、日に日に身体は良くなってきているので、今は
我慢の時期! このくらいで弱音を吐いてたら、熊本の被災者の方々に
申し訳ありません。気合いで今月も乗り切りたいと思います。
 
誕生日コメントやメッセージなどありがとうございました。アップしている動画は
ちょうど1年前のものです。 


 

 

3.14.2016

亜細亜大学国際オープンテニス2016 フューチャーズ

シングルスは初戦でやられましたが、ダブルスで優勝しました!


準決勝試合中にふくらはぎを肉離れしてしまい、まともに歩くのも困難な状態でしたが、アドレナリン全開の気合と戦術の工夫、そしてパートナーの吉備選手のスーパープレーに助けられ優勝する事ができました。 オフィシャルトレーナーや地元のトレーナー方々には、大変お世話になりました。


代償は大きく、いつ復活できるか分からない状態ですが、今後は治療、リハビリ、そして上半身の強化に努めていきたいと思います。


応援に駆けつけてくれた皆様ありがとうございました。そしてネットからの応援の念ありがとうございました。 


今回は、そこまで無理していいのか? と思った瞬間が多々ありましたが、無理して良かったと思います。 試合どうのこうのより、何か貴重なものを経験出来た気がします。 


先ずは、驚異的スーパー回復を目指し、今後の大会スケジュールが決まり次第またご報告します。





2.28.2016

2月は我慢! ハーツ&ハーツクリニック

Facebookなどで試合結果をご存知の方もいらっしゃると思いますが、今月のダブルスは、パートナーの怪我による棄権試合や遠征キャンセルなどなどが続いています。 無念な気持ちですが、しょうがない事です。僕はいたって元気です!ここはポジティブに試合出来ない時間を練習や体作り、そして自分と向き合う時間に費やしていきたいと思います。

3/8〜 亜細亜大学フューチャーズに単複出場する事になりました。 単複両方とも気合入れていきたいと思います。 
3/14〜 中国は広州チャレンジャーに参戦しようと思います。 こちらはダブルスのみとなる可能性大です。

時々、『松井選手の身につけているネックレスやちょっと変わったシール/テーピングは何ですか?』と質問されます。 このネックレスただもんじゃないです! 色々種類はありますが、僕が気に入っているネックレスを着用すると、体の柔軟性と回旋可動域が向上しました。マジです! 疑い深い性格なので、僕自身やトレーニング仲間に色々と実験しましたが、かなりの確率で効果を実感出来ました。写真はほんの一部の製品ですが、ご興味のある方は、是非お試しを!!

⬇︎⬇︎   ハーツ&ハーツクリニック公式HP(下記をクリック)
http://www.heartzkk.com
 

2.01.2016

東南アジア➡︎ハワイ

毎週違うパートナーですが、それぞれのダブルスのセオリーや、考え方を知る事が出来、そして勝利に繋がった試合もあり、今遠征も充実していると思います。〈パートナーは、南アフリカ人でジョージアテック大学出身〉

久しぶりのハワイでは、学生時代のコーチや仲間に会う事が出来、改めてこのハワイでの学生経験が現在の糧になっているな〜と思いました。

ジュニア選手達は、「将来世界1位になるぞ!」という夢や目標を持って一生懸命頑張るべきだと思います。しかし、プロテニスプレーヤーとして食べていけるのは、ごく僅かです。 日本では、ジュニア卒業後、大学テニスや、実業団テニス、国内賞金トーナメントなど、活躍出来る素晴らしい環境があります。そして、もう一つのオプションとして、僕がお勧めしたいのは、「テニス奨学金制度を使って、アメリカへ大学留学」です。とにかく徹底した文武両道システムに加え、世界中から集まる学生と色々な事を共有出来ます。
詳しく知りたい方や、質問などは、こちらへ  Info@brandywinetennis.com
日本語でのご相談もOK!  

オバマ大統領も通っていたプナホウ高校。このキャンパスで賞金トーナメントに出ていた時の決勝戦のレフリーをしていたリーさんにたまたま遭遇。
私の母校, BYU-HAWAII大学。オアフ島のノースショアにあります。

1.21.2016

東南アジア遠征終了

今回の東南アジア遠征は、厳しい結果(facebookにて報告)でしたが、良い結果が出ても出なくても遠征をこなしていく事が大事だと思いました。負けても勝っても会場で練習をしたり、試合を見たりする事が大きな収穫となります。実際の試合では、ランキングの高い選手と対戦できたり、ダブルス元世界1位のブパティ選手(インド)の試合を見る事が出来たりしました。最近のダブルスでは、コンプリートプレーヤーが求められていると思います。全てのポジションでA評価を持っている選手がやはり強いです。サーブ力やリターン力はもちろんの事、ネットマンとしての仕事、チームワーク力、そして、ギャンブル性の高いルールにへこたれないメンタル(笑)。 とにかく、会場に行って、色々な選手とコミュニケーションを取ったり、実際に肌で体験してみないと解らない事が沢山あります。  


番外編ですが、東南アジアでは、ホテルでNHKを見れる時が多々あります。スポーツコーナーでは、全豪オープンについて取り上げられていますが、あのタフな予選を勝ち上がった伊藤選手や、杉田選手についてはほとんど報道されていませんでした。海外NHKだったからなのかな?? 二人とも毎年NHKが放映している全日本選手権には多数出場して優勝経験もあるのに。。。 海外でも放送しているNHKだからこそ、しっかり伝えて欲しいな~ 最後はぼやきになってしまいましたが、今年前半は覚悟決めて遠征頑張ります!!